中1の虎ちゃん、勉強しだすと魂が抜ける

スポンサーリンク

虎ちゃん(次男12歳)、期末テスト期間中。

勉強しない虎ちゃん。

怒って説教して、たまにイライラ怒鳴って、

なんとか勉強してもらおうと色々考えながら話したりしてた時期もあった。

でも彼の方がやる気を起こさにゃーどぉにもならん。

自分が中学生のころどんなんやったか思い出そう。

中2の2学期頃まで5教科の合計100なかったな、うん。

社会なんて0点とったことある。

わからないというより、やる気がまったくなかった。

それがなぜか塾に行きだすことになる。

結果、3年の終わりごろには5教科300点前後とれるようになってた。

ようするにやる気が起きるきっかけがない限り、親にはどうすることもできないのか。

無理やり机に座らせたら、いやでもやるようになるのか。

それは良き思い出になるのか。彼のためだけど、それでいいのか。

で、考えた結果。

放置プレー。

って言いたいけど、結局ガミガミ怒ってる自分がいる。(どないやねん)

お手上げしたいけど、そうもいかんもんなぁ。

で、机に座らせマンツーマンで指導すること5分。

彼の眼は虚ろになっていき、死んだ魚の目のようになる。

まるで魂がふわーっと上に浮き上がって消えていくのも見えそうなぐらい

心ここにあらずのような表情。

生きてない。死んでる。(実際は目を開けたままほぼ寝ている)

正直、その顔を見ると笑ってしまう。

そんなに!?

って笑ってしまう。

みんながみんな勉強できるようになるわけではない。

個人差はある。

彼はきっと今じゃないんやわ。

もうここは様子見ようじゃないか。

母さんも、こうなった以上、静かに見守ることにする。

学校さえ、楽しく通って、友達とたくさん交流持てたら、

それでええわ。とさえ思うようになってきた。

そうゆうお話です。

TRY IT から抜粋

これぐらいなら私でも解ける。

ギリ教えれる。

だけどこれ以上になると・・・(笑)

頑張れ、虎ちゃん!

((宜しくぉ願ぃします♪))Д`)ノシ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください